病後児保育所における看護師の役割

女性の社会進出が推進される中で、保育所に子供を預けて仕事をする女性が増えました。しかし、熱があったり、病後の回復を待つ段階だったりというタイミングは保育所に預けられず、仕事に行きたくても行けないという問題が増えています。
そんな場合に注目されているのが、病児保育施設や病後児保育所です。こういった施設は病院に併設さえていることが多く、医師や看護師のすぐ近くに子どもを預けることができます。

そんな病後児保育所で働く看護師には、病院での勤務とは一味違ったやりがいがあります。病後児保育所では、ケガをしたり病気をしたりした子どもを預かります。病後児保育所で働く看護師は、子どもの様子をよく観察し、異常があった場合はすぐにケアをする必要があります。また、自宅でどのようなケアをすべきか、保護者に指導するのも仕事です。一般的な保育所では預かってもらえない子どもを預けることができるため、保護者に感謝されることが多い仕事といえます。

日々子どもたちの体調を管理しながら見守り、未然に病気を防ぐことも重要な仕事です。特に、大人と違って子どもは急に発熱したり、一気に体調が悪くなったりすることも多いので、小さな異変も見逃さない注意力が必要です。体調の急変を予防するためにも、決まった時間に体温を測定し、室温や湿度を適切に管理して衛生状態にも気を配る必要があります。

保護者とコミュニケーションをとりながら、子どもたちを見守っていける点は、病後児保育所の看護師にとって大きなやりがいとなるでしょう。子どもに関心がある看護師に向いている仕事だと思います。興味のある方は、こちらのサイト『子供好き看護師大歓迎!病後児保育所のお仕事』で特集されていますので、ぜひ参考にしてみてください。